scar face

scar face

from「the way home」 directed by Carl stella

光を。

光を。

欲す。撮影:花豆仁

A man in mourning suit

A man in mourning suit

オーストラ・マコンドー 小津安二郎に捧ぐ「家族」より 撮影:タイコウクニヨシ

A man attend wedding of his friend

A man attend wedding of his friend

「家族」チラシ写真より。撮影:ハービー山口

shinsuke at the farm

shinsuke at the farm

迷子。彼は疲れ、途方に暮れた。

迷子。彼は疲れ、途方に暮れた。

なくなっていく景色の中で、彼は商談する

なくなっていく景色の中で、彼は商談する

2015年春。改装される前のホテルオークラ東京本館にて。

和やか。

和やか。

その歩道には一つの椅子が在った。撮影:花豆仁

shinsuke at tsukinoyu

shinsuke at tsukinoyu

現存する東京最古の木造建築銭湯であった月の湯で撮影。2015年5月末に休業した。

彼は歩く事さえ困難に感じている。

彼は歩く事さえ困難に感じている。

その日、彼には腑に落ちない事が7つあった。

その日、彼には腑に落ちない事が7つあった。

稽古中、オフショット

稽古中、オフショット

撮影:タイコウクニヨシ

わたしは何者なのか

わたしは何者なのか

着替えという行為

着替えという行為

オーストラ・マコンドー 小津安二郎に捧ぐ「家族」より 撮影:タイコウクニヨシ

なくなっていく景色を、なくなっていく景色の中で眺める

なくなっていく景色を、なくなっていく景色の中で眺める

2015年春。改装される前のホテルオークラ東京本館にて。

眠れぬ夜が明けていく

眠れぬ夜が明けていく

房総の南端にて。

高架下はこの都市の宇宙で、そこには音楽があった。

高架下はこの都市の宇宙で、そこには音楽があった。

彼は日本語を小田急線の駅の名前で覚えた

彼は日本語を小田急線の駅の名前で覚えた

小田急線、線路脇。春の小川にて。 撮影:吉田朱里

韓国映画のようなタイトルを付けたい

韓国映画のようなタイトルを付けたい

房総の南端にて

一日の終わり。

一日の終わり。

日本で唯一、車で走れる砂浜。千里浜なぎさドライブウェイにて。

隠れ家的喫茶店の前、天気は晴れ

隠れ家的喫茶店の前、天気は晴れ

撮影:山田裕之

アジアの何処かの真ん中の安宿で。

アジアの何処かの真ん中の安宿で。

彼はガレージで、日を避けながら旅人を待っていた。撮影:花豆仁

月の湯にて

月の湯にて

東京最古の木造建築銭湯月の湯にて。2015年5月に休業。

始まりは、何処かへ行ってしまった頭部を探す事だった。

始まりは、何処かへ行ってしまった頭部を探す事だった。

月の湯。銭湯から宇宙へ。

月の湯。銭湯から宇宙へ。

東京最古の木造建築銭湯月の湯にて。2015年5月に休業。

月の湯生まれ。科学の粋を集めた人造人間。

月の湯生まれ。科学の粋を集めた人造人間。

東京最古の木造建築銭湯月の湯にて。2015年5月に休業。

異界の入り口。向こう側からやってきた。

異界の入り口。向こう側からやってきた。

能登半島。

覗き見。垣根なんかないようなものなのだ。

覗き見。垣根なんかないようなものなのだ。

壁があれば、向こう側が気になるものだ。撮影:花豆仁

A tired man in suit

A tired man in suit

そこはメイショだった。彼は彼方を見つめた。

そこはメイショだった。彼は彼方を見つめた。

能登半島、某所。

PHOTO>

 

© 2015 shinsuke kato 

  • Twitter Clean
  • Facebook Clean
  • SoundCloud Clean
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now